Automatic translation (Take some time to translate. The quality is not guranteed.)
[English] [Chinese] [Korean]

こんにちは。 こんにちは。 Japanese(日本語)

早稲田大学 大学院 情報生産システム研究科
インタラクティブプログラミング研究室 (IPLAB)
田中 二郎 (情報アーキテクチャ分野 教授)

Jiro Tanaka, Professor
Interactive Programing Laboratory (IPLAB)
Graduate School of Information, Production and Systems
WASEDA University


IPLAB公式ページ

研究室の情報、研究テーマ、研究領域については こちらをご覧ください
IPLAB Wiki(private)

2017年春学期講義情報

ヒューマンインタフェース

2017年秋学期講義情報

情報システムデザイン論

プログラミング言語論 List of students permitted registration

研究紹介

情報環境の未来像や ヒューマンインタフェースのソフトウェア的な側面に 興味を持っています。
過去にはヒューマンインタフェースというと人間の認知プロセスや新しいデバイスの開発、デバイスの評価などに力点がある場合が多かったと思いますが、われわれは、ヒューマンインタフェースのソフトウェア的な側面、すなわち、「実際にソフトウェアをプログラミングし動かしてみる」ということを重視しています。
具体的な研究領域としては、情報環境の未来やユビキタスコンピューティング、プログラミングやソフトウェア工学に興味を持っています。
現在特に興味を持っている研究テーマには、ライフログシステム、実世界と仮想世界の融合、遠隔コミュニケーション支援、ジェスチャインタフェース、拡張現実などがあります。

ライフログに関する研究
最近、人間が携帯型のセンサーやデバイスを持ち運び、そこから常にデータを収集することにより人間の様々な活動を記録、解析、支援、共有しようとする試みが急速に進んでいます。 特にライフログによる記憶の想起やソーシアルネットを活用したライフログの共有について興味をもっています

次世代eコマースサービスのユーザインタフェース開発
eコマースサービスを取り巻く環境は大きく変化しており、旧来のWebベー スに代わる新しいユーザインタフェースが必要となっています。本研究では次世代のeコマースサービスのユーザインタフェースとしてソーシャルメディア、スマートデバイス、大画面、商品データ可視化、検索・レコメンドUIなどを対象としています。

拡張現実感に関する研究
拡張現実(AR)の技術を用いることにより実世界と仮想世界を融合するような試みに関する研究を行います。

研究紹介資料(日本語/英語)


研究室メンバー

現在の研究室メンバーに関する詳しい情報はこちら

Professor:
TANAKA, Jiro

Graduate Students:
D1(2017 Fall)
CAI, Minghao
LIU, Boyang

M2(2016 Spring)
HE, Yanxia
LI, Rui
MATSUDA, Ken
SVARAJATI, Adhi
TAKAI, Motoki

M1(2016 Fall)
LU, Chunmeng
QU, Puxuan
REN, Ying
WANG, Xuan
YE, Xin
ZHANG, Jiaming

M1(2017 Spring)
ZHANG, Yihua

M1(2017 Fall)
DONG, Yiwen
DOU, Hao
GAO, Yangyiqiao
JIAO, Luyu
LI, Bowen
LI, Pengyuan
LI, Zhinan
XU, Shihui
YANG, Bo


研究室情報

過去の学生の受賞  過去の学生に関するニュース

田中二郎ホームページへのリンク
田中二郎についての詳しい情報(論文情報、講義情報)についてはこちらをご覧ください

北九州学術研究都市 研究者情報検索システムでの 田中二郎の情報

早稲田大学 大学院情報生産システム研究科 ニュースページで研究室の活動を紹介しました
日本語 英語


所在地、連絡先

〒808-0135 福岡県北九州市若松区ひびきの2-7
早稲田大学 大学院 情報生産システム研究科 (N215)
電話:093-692-5261
電子メール: jiro@computer.org

2-7 Hibikino, Wakamatsu-ku, Kitakyushu,
Fukuoka 808-0135, JAPAN
Phone +81-93-692-5261
Email: jiro@computer.org

研究室への到着法は こちらを御覧下さい。


お問い合わせ

IPLABは新しいメンバーを歓迎します。

当研究室に配属を希望される方、外部の方で大学院の受験を考えている方等でご質問やご相談がありましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。

電子メール: jiro@aoni.waseda.jp

面談予約

一般の方が 田中と面談を希望される場合、電子メールで田中に直接連絡いただくのがもっとも確実です。
研究室の学生の人が面談予約をする場合はこちら

論文

論文ページへのリンク

What's New

2017/11/15 The 11th International collaboration Symposium on Information, Production and Systems (ISIPS 2017)にて4件のポスター発表を行いました。
Interface of Micropayment System using Augmented Reality and Gamification
Comparison of AR and VR in environments involving physical work
A Remote Sightseeing System Providing Trip Together Feeling (Excellent Poster Presentation Awardを受賞しました)
Using Body Movements for Running in Realistic 3D Map

2017/11/14 The 11th International collaboration Symposium on Information, Production and Systems (ISIPS 2017)にて2件の口頭発表を行いました。
Applying augmented reality and gamification in micropayment system interface design
Gestural Communication Based Pair Sightseeing System

2017/9/18 ECEC: The Workshop on E-Commerce and Entertaiment Computing で Interface of Micropayment System using Augumented Reality and Gamification というタイトルのポスター発表をしました。

2017/5/15 情報処理学会論文誌ジャーナルで発表した論文
久保勇貴、志築文太郎、田中二郎
「ベゼル間の距離の短さを利用した超小型端末向けタッチジェスチャ」
情報処理学会論文誌ジャーナル/JIP特選論文に選定されました。

2016/9/8 日本ソフトウェア科学会から 功労賞を授与されました

2016/8/26-27 北九州ゆめみらいワーク2016に早稲田大学情報生産システム研究科として出展しました
(発表ポスター 仮想空間への没入とハンドジェスチャを利用した遠隔会議システムの研究
電子書籍の操作性向上を目指した紙書籍ナビゲーションの研究 )
2016/8 筑波大学で開催されたenPiTサマーキャンプに研究室から8名の学生が参加しました

2016/8 情報処理学会誌58巻10号(2016年10月号)の シニアコラム:IT好き放題に 「変わるものと変わらないもの、変わらなくてはいけないもの」 という題目で原稿を執筆しました

2016/4/1 筑波大学から名誉教授の称号を付与されました

2016/4/1 早稲田大学 情報生産システム研究科 情報アーキテクチャ分野 教授として着任しました



こんにちは。


IPLABホームページ(外部用) If you have difficut to access try This Link
田中二郎ホームページ(外部用) If you have difficut to access try This Link

早稲田大学IPS内での田中の情報
北九州学術研究都市研究者情報システム

旧所属先 筑波大学IPLABホームページ
旧所属先 筑波大学IPLABホームページ(2015/5のもの)
旧所属先 筑波大学の田中二郎のホームページ

[研究の考え方] [資料ページ] [楽天プロジェクト]